抗原検査-それは何ですか?

抗原検査

抗原テストとRT-PCR/NAAT検査にどのような違いがあるか知りたいと思ったことがありますか? ここではその複雑な違いを簡略化しました! この記事は抗原テストの背景にある科学とFastTestがこのキットを選んだ理由について深くまで踏み込んで説明します。

ラピッド抗原テストは抗原と呼ばれるウイルスの表面のタンパク質を検出して検査をする方法です。 採取は鼻または喉からスワブ、すなわち綿棒を用いて行われ、採取後綿棒は検査用の試薬に入れられます。 差し込み時に検体を3回回転させながらカートリッジに差し込むと最良の結果を得ることができます。 デバイス内の検出用紙片は感染のウイルスタンパクに特異的に結合するCOVID-19の抗体に覆われています。 試験紙にはCOVID-19のタンパク質の結合を検出する機能も組み込まれており、目標とするウイルスの結果を生成します。

従って、抗原検査はRT-PCR/NAAT検査とどう違うのでしょう? 一見したところでは最も大きな違いは検査の所要時間とプライスポイントです。 RT-PCR/NAAT検査は分子の検査で、ウイルスの遺伝子物質の有無を調べるのに対し、抗原検査はウイルスの表面のタンパク質のみを検出します。 このため、抗原検査はRT-PCR検査より感度が低い一方、料金はより手頃でしかも所要時間が非常に短くなっています。 15分以内にCOVID-19感染の有無が確認できます。 それ故、ラピッド抗原テストは治療や介護の現場にとって格好の検査ツールで、一般の人にとってCOVID-19検査がさらに利用しやすいものとなっています。 しかしながら、検査の感度はいくつかの要素に依存しているため、この理由で多くの国々ではCOVID-19関連の入国条件としてRT-PCR/NAAT検査の方を要求する傾向にあります。

検査結果に影響を与える主な要因の1つは、各人の体内にウイルス抗原が含まれる数です。 検査用の抗原数が最大になるのは最初に症状が現れてから5日から7日の間です。 感度は綿棒が検査カードを閉じる前によく回転しないで挿入された場合や、検査が検体採取後1時間たってから行われた場合にも下がります。 FastTestではこれらの限界があることを承知しており、この理由により非常に高度な技術を身に着けたヘルスケア専門家とのみ協力して作業をしています。

諸々の事柄を考慮すると、すべての抗原テストが同じように作られているわけではありません。 FastTestは熟練のヘルスケア専門家と協力して、いくつかのラピッド抗原テストの選択肢を検討してから、今日使用しているものを選びました。 FastTestの選別過程では、異なる状況下でテストをするためと最も信頼性の高いものを見つけるために、まず4つのキットを選びました。 私共が最終的に選んだものは、この件につき幅広い知識を持った正看護師、検査技師など多数の熟練ヘルスケア専門家によって承認されました。

どの検査を受けるかを決めるとき、お選びのオプションについての詳細だけでなく検査目的を知ることは重要なことです。 この記事がラピッド抗原テストについてのあなたの疑問点を解決し、ご自身にとってベストのものを選ぶときに、十分な情報を得た上で決定できるよう願っています。 さらにご質問がある場合、ご遠慮なくお問い合わせください。

当社のウェブサイトで抗原検査を予約してください!

Share

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share This