COVID-19検査を基準に従って評価する

海外旅行のためのcovid19高速テスト結果

今日、市場には数種のCOVID-19検査方法があります! 今日、市場には数種のCOVID-19検査方法があります! ? また、政府やヘルスケア管理者は、国民や従業員の安全確保のために適切な検査方法をどのように選定するのでしょうか? この記事を通じて、判断に用いられている一般的な科学的指標を説明します。

テスト感度

検査の感度とは、個々の検査がウイルスの存在を示すウイルス特有のタンパク質もしくはRNA分子をいかによく検出できるかの度合いを示すものです。 これは、検査がどのくらいの頻度でCOVID-19感染者(真陽性)の陽性結果を正確に生成するかを反映します。 この測定基準は、COVID-19に感染している人が検査で陰性反応を示す偽陰性を防ぐために設定されています。 例えば、感度90%の検査はCOVID-19感染者の90%を検出できますが、COVID-19感染者の10%については偽陰性という結果を生成します。

特異度

検査の特異度とは、個々の検査がウイルスの存在を示すウイルス特有のタンパク質もしくはRNA分子の欠損をいかによく検出できるかの度合いを示すものです。 すなわち、検査がどのくらいの頻度で検査を受けた人のうちでCOVID-19に感染していない人(真陰性)の陰性結果を生成するかということです。 この測定基準は実際にウイルスに感染していない人の結果が陽性とでる、偽陽性を防ぐためのものです この測定基準は実際にウイルスに感染していない人の結果が陽性とでる、偽陽性を防ぐためのものです

これらの測定基準は互いに釣り合いの取れた関係を維持します。つまり2つの基準のうち1つが高いと、もう一方は基準に達しない傾向があります。 例えば、ウイルスに感染している人の陽性結果(検査の感度)を識別する能力がより高い時は、特異度が低い傾向になり、結果的に偽陽性が多くなります。 その一方で特異度の割合が高く、ウイルスに感染していない人を正確に除外する傾向があるときは、感度が基準に達せず、偽陰性の割合が高くなります。

COVID-19の検査の感度と特異性

RT-PCR/NAAT検査の分析特異性と分析感度は95%以上で、つまり間違った結果をめったに生成しないことを示します。 これらの検査は、COVID-19のウイルスのユニークな遺伝子配列を用いるため非常に特殊なものですが、感度は様々な要因の影響を受けます。 検査と検体採取のタイミングは感度に影響するものの、その影響は無視できるほどで結果を無効にするほどではありません。 FastTestにおけるすべての検査は、長年の経験に裏付けられたヘルスケア専門家の厳格な監督の下で行われますので、 ご心配には及びません。

抗原テストはRT-PCR/NAAT検査より感度が低い傾向にあります。つまり結果が偽陰性と出ることが多くなります。 これは検査料金を手頃なものにし、検査所要時間をより迅速にする(15分から30分)ために生じた結果の一つです。 抗原テストの感度は、患者さんの感染兆候が最初に出てから5日以内にウイルス量がピークに達したとき、最も高くなります。 抗原テストは感度が低くなるため、海外旅行の陰性証明書として大概の国では認められていません。

結局のところRT-PCR/NAAT検査は、他の検査と比較すると特異性と感度の確率が非常に高くなっています。 それ故RT-PCR/NAAT検査は世界各国の政府で用いられているCOVID-19検査のゴールドスタンダードとなっています。

Share

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share This