COVID-19のRT-PCR / NAAT検査

Covidテストのクローズアップを取っている10代の少年

逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)は核酸増幅検査(NAAT)の一種です。この方法は個人がCOVID-19に感染している場合、感染度が高くなる前に検出します。 それ故、ウイルスの拡散を防ぐために早期隔離を可能にします。 RT-PCR/NAAT検査は他のmRNA定量方法と比較すると最も高い検出感度があるため、COVID-19検査のゴールドスタンダードとなっています。(COVID-19検査を基準に従って評価するの記事をご覧ください。)

RT-PCR検査の原理はどんな科学はに基づいているのですか?

DNAとRNA
DNAとRNA

検体は鼻または鼻咽頭からスワブ、すなわち綿棒を用いて採取され、ラボへ送られ、そこでまず核酸を検体から抽出します。 核酸は個人自らの遺伝物質の重合で、COVID-19に感染している場合、この検体にはウイルスのmRNAが含まれています。 ウイルスの遺伝物質はmRNA分子なので、増幅することができないため、逆転写酵素を用いて逆転写と呼ばれるプロセスを経てDNAに変換しなければなりません。 次に、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)がウイルスからのものとされる遺伝物質の小片を識別して増幅し、検出を容易にします。 PCRを経たウイルスのDNA物質の増幅は化学試薬を用いて行われ、

Reverse Transcription
Reverse Transcription

試薬にはウイルスのDNAを認識する蛍光色素が含まれています。 検証時に、一定の強さの閾値が設定された検体の蛍光強度を用いて検体を陽性、 陰性、無効、不確定にそれぞれ分類します。 ポジティブコントロール、ネガティブコントロールの検体も、 検査結果を実証するために実際の試料と並んで検査されます。

RT-PCR用の機械によるRT増幅
RT-機器による増幅

RT-機器による増幅

COVID-19 RT-PCR検査機器はウイルスの1つから3つの遺伝子の存在を検出します。 1つ以上の遺伝子を検出することは、COVID-19の変異株を検出する可能性が高くなることを意味します。 検査提供機関を選ぶときは、ラボで使用される検査機器についても理解することが重要です。

FastTestで用いている検査機器は3つの異なるウイルス遺伝子の存在を検査します。 これは個人の体内にウイルスの変異株が存在する場合、より多くの変異株を検出できるため、検査プロセスの感度の向上に役立ちます。 FastTestが選んだシステムと検査機器については、お客様に最高の質の検査結果をお届けするために必要だと判断した結果、 非常に高額の投資となりました。 私共が使用するTaqPath COVID-19 Combo Kitは、カナダ保健省により使用が承認されている公認機器のリストに載っています。 TaqPath COVID-19 Combo Kitを使って採取された検体は、QuantStudio 12K Flex Real-Time PCR System上で実行され、 Design & Analysis Softwareを用いて分析されます。

RT-PCR/NAAT検査はうまく行うためにハイテク機器と高度な訓練を受けた人材を必要とするため、 抗原テストより費用が高額になります。 FastTestの使命は、質の高いCOVID-19検査をブリティッシュコロンビア州で誰でも気軽に利用できるようにすることの一言に尽きます。 私共は常に、他社に負けない料金で提供する製品とサービスの改善を目指しています。

Share

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share This